整理

整理収納のコツ:考え方を知ればモノは減る

モノに対する考え方を知ることで、モノは減り、またモノは増えなくなります。

モノを大切にするとは

なぜモノを持つかと言うと、使うために持っています。
モノを大切にすると言うのは、出来るだけ長く使えるようにあまり使わずに、大切に保管することではありません。
モノをその使用方法にあった方法で最大限に使ってあげることが一番モノを大切にすることです。
よってまだ使えるから、まだあまり使っていないから、という理由で手放さずにモノを持っているのは、モノを大切にしているとは言いません。
使わないとわかっているモノは、使ってくれる人に譲る方がモノを大切にしていると言えます。

保管場所も費用がかかっている

モノは買う時だけお金がかかっているのではありません。
モノを保管するには場所が必要です。
その場所代も家賃の何割かかかっています。
モノを持ち続けることも費用が発生しているという考えが大切です。
いくら購入時に高価だったとしても、使わなければ使わないモノに対してこれからもお金を払い続けることになります。
この考えに気づけば、どうせ保管代がかかるなら、使うモノに対してお金を払いたいと思うようになります。

モノを大切にする人の思考とは

モノを大切にしている人は、捨てることに躊躇しません。
モノを購入する時に、購入理由が明確になっているので、十分使い切ります。
使いきった後は、自分を満足させてくれたので気持ちよく手放すことができます。

また、購入理由が明確になっていると余計なモノを購入することがなくなります。

モノを大切にしている人の生活は、自分にとって本当に必要なモノに囲まれて生活しています。
本当に必要だから大切にしたい。
だからこそ、購入するモノに対してはしっかりとお金を費やします。
モノを大切にする人は良いモノ(長持ちするしっかりした作りのモノ)を持っています。

本来我々は生きていくにはそれほど多くのモノは必要でないのでしょう。
最近流行りの断捨離やミニマリストなどは、モノを大切にするという考えが元になっていると言えます。