収納

整理収納のコツ:収納のアイディアの生み出し方とは

整理収納関係のコツを見て、一番魅力に感じるところであるのが収納テクニックです。

ただ魅力に感じても、自分の部屋に当てはめるのはなかなかできません。
表面的なテクニックを真似るだけでは、自分の部屋に当てはめることはなかなかできません。

収納するモノと収納スペースの分析という基礎があるからテクニックが可能になります。

テクニックが生まれる理由を考えれば難しいことではないのです。

隙間収納を使うための考え方

整理収納に慣れてくると、隙間収納を上手に使えるようになります。
しかし、整理収納に慣れている人と慣れていない人では、隙間収納について考え方が少し違っています。

整理収納に慣れていない方は、モノを必要か必要でないか分ける前に、とりあえず隙間を見つけるとそこへ収納しようとします。
その僅かな空間を隙間収納と考えている場合が多いようです。

これに対して隙間収納に慣れている方は、モノの大きさと収納スペースの大きさをミリ単位で測ります。
収納する前に、収納した後の隙間空間を把握します。

ポイントは収納スペースの空間を四角に区切って考えます。
モノを収納する際にその四角に区切った空間に配置するように考えていきます。
よって、慣れている方は隙間という考え方ではなく、立派な1つの空間として収納スペースの分析の際に捉えています。

使いやすく、無駄のないように収納スペースと収納する物を考えながら四角を分割していくと空間を有効利用出来るようになります。

テクニックが生まれる理由

四角に区切った空間にモノの配置を決めたあと、実際にモノを収納していきます。

その際に、実際に配置するにはどのような収納用具が必要か考えます。

例えば、上段にある空間は、下から支えるか、上から吊るす、横から支える等の方法が考えられます。
支える方法は、棚でもネット等を使用することができます。

奥の空間であれば、手前に引っ張ってこれるような仕組みがあれば使いやすくなります。

このように、収納するモノと収納スペースを分析することで、どのような収納用具があれば最も使いやすい収納が実現できるかを考えます。

持っている収納用具中心に考えるのではなく、モノと収納スペースを中心に考えていくと収納テクニックが生まれてきます。

最初はテクニックを開発をするのは容易ではありません。
しかし収納テクニックを開発する為に整理収納を行うのではないため、

自分に我ままになって、こんな風に収納するのが一番使いやすいと感じることから始めてください。

そして収納するにはどのような物があれば良いのかを非現実的で良いので考えます。

そこから収納テクニック本や整理収納のコツなどを読み、自分が今欲しいテクニックに相当するものを探したり、アレンジしたりしていくと良いでしょう。

収納テクニックを生み出すには、自分に我ままになることが一番です。