整理

整理収納のコツ:使っているモノ、使っていないモノに分ける

整理とは、モノを分けることを指します。
ここでどのように分けるかがポイントになってきます。
よく整理収納時にやってしまうのが、要るか要らないかで手放すか判断していると思います。
もちろん間違いではありません。
ただ、要るか要らないかで判断してしまうと、自分でお金を出して購入したモノですので要らないとなかなか判断できないと思います。
その結果モノがなかなか減らず、整理収納もなかなか前に進みません。

グループ分けする時は、少なくとも2段階行ってください。
1回目は、今使っているモノと使っていないモノ。
2回目は、いつ使うか分かっているモノといつ使うか分らないモノ。

このように2段階でモノを分け、最終的に残った今使っていなくて、かついつ使うか分らないモノは手放してしまっても困ることはありません。
ただし、中には使っていないけど手放せない、捨てれないと言うモノがたくさんあると思います。

例えば思い出の品や高価なモノです。

最悪捨てれない、手放せないという場合は、所有期限を設けた何でもBOXを作成し、そこへ入れるのがいいでしょう。

期限を過ぎても使わないモノは手放すようにします。

すくなくとも期限中は使用しなかったモノなので、なくても不自由はないのです。