はじめに

整理収納はこうすると失敗する

整理収納をする時に気をつけるポイントがあります。
このポイントを考えずに整理収納を行うと、失敗につながります。

整理収納の失敗とは、余計なモノを持っている、使いたいモノが使いにくい場所にある。
そのため片付けるのが面倒になり散らかりやすくなります。
そしてまた整理収納をしないと、という気持ちになり嫌気がさしてきます。
自分は整理収納が出来ないと思うようにもなるかもしれません。

整理収納時にしてはいけないポイントは3つです。

収納場所を基準に整理収納を行う

1つ目は、収納場所を基準に整理収納を行うこと。
例えば収納するときに、収納場所にある小さな隙間空間に無理に押し込んだりしていないでしょうか。
雑誌の隙間空間の使い方が気になっていないでしょうか。
また、収納スペースが空いているという理由でモノを収納していないでしょうか。

これは収納場所を基準に収納をしています。
収納場所に隙間などありません。
収納編でお話いたしますが、収納場所を分析することで隙間という考え方がなくなります。

整理収納は、収納場所を基準に行うのではなく、必ず自分が基準になって行う必要があります。
収納するモノが自分にとって必要かどうか、配置する場所は自分にとって使いやすいかどうかを基準に行います。

収納するモノが明確になっていないのに収納用具を購入する

2つ目のポイントは、収納するモノが明確になっていないのに収納用具を購入すること。
収納用具はモノを収納する為にあります。
収納するモノが明確になっていないと選ぶことはできません。
先に収納用具を購入してしまうのは、収納用具を配置するスペースがあるため、ここに収納用具を置けば何か収納できるだろうと思い購入してしまいます。
この考えだと、収納場所が増えたため、今まで以上にモノが増えてしまいます。

本来自分にとって必要なモノはすでにもっているはずです。
余計な収納用具があると、モノが増えることにつながってしまいます。

身近なモノから整理収納をする

3つ目のポイントは、身近なモノから整理収納をしていくこと。
整理収納をするには、モノを減らすためにモノを手放すことになります。
手放すモノと言うのは、使わないモノです。
身近なモノと言うのは最近使用したモノだから身近にあり、また使う可能性も高いモノです。
身近なモノを眺めて、要るか要らないかを考えてしまうとなかなかモノは減らず、やる気も失せてしまいます。

整理収納された状態とは、必要なモノを収納し、不必要なモノを外に出します。
必要なモノは最も使いやすい場所へ配置します。
よって、今収納されている不必要なモノを先に出す必要があります。
その次に身近にあるモノや最近使用した収納されていないモノを、使いやすい場所へ収納していくという順番になります。

整理収納時に気をつける3つのポイント
  1. 自分を基準にする
  2. 収納するモノを明確にしてから収納用具を購入する
  3. よく使用しているモノから始めない