整理整頓のコツを基礎から学ぶ片づけ不要の部屋作り

整理整頓のコツを基礎から学ぶ片づけ不要の部屋作り

整理記事一覧

使っているモノ、使っていないモノに分ける

整理とは、モノを分けることを指します。ここでどのように分けるかがポイントになってきます。よく整理収納時にやってしまうのが、要るか要らないかで手放すか判断していると思います。もちろん間違いではありません。ただ、要るか要らないかで判断してしまうと、自分でお金を出して購入したモノですので要らないとなかなか...

≫続きを読む

 

考え方を知ればモノは減る

モノに対する考え方を知ることで、モノは減り、またモノは増えなくなります。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});モノを大切にするとはなぜモノを持つかと言うと、使うために持っています。モノを大切にすると言うのは、出来るだけ長く使えるようにあま...

≫続きを読む

 

モノを捨てるコツは、モノを持つ理由を明確にすること

整理整頓で手が止まってしまう作業なのが「捨てる」作業です。整理整頓のコツとして捨てるのがコツではなく、なぜ持っているのかを明確にすることがポイントです。整理収納が得意な人はモノを捨てることに躊躇しません。それはモノを持っている理由が明確で、使えるだけ使うからです。「モノを捨てる=もったいない、大切に...

≫続きを読む

 

思い出の品を捨てるコツ

なかなか捨てれないモノの代表例として、思い出の品の捨て方を紹介します。思い出の品というだけあって、そのモノ自体の価格は問題ではありません。思い出の品をモノとしてきちんと使っているならば捨てる必要もありません。ここでは思い出の品をモノとしては使っておらず、基本的には保管している状態のモノの捨て方になり...

≫続きを読む

 

モノの適正量とは

整理整頓のコツとして、ネットや本を見ていると「捨てる」ことについて書かれています。確かに「捨てる」ことは大切です。ただし整理整頓のコツとしてもう一歩踏み出すとすると、どれくらいのモノを持つかを考える必要があります。整理を行う時に手放すモノが出てくると思いますが、結局どれくらいのモノが残るのでしょうか...

≫続きを読む

 

衣類の適正量の決め方

適正量を考える前に、まずは衣服の分類を行います。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});衣服の分類分け衣服の分類方法3パターン着る場所で分ける方法パーツで分ける方法季節で分ける方法着る場所で分ける・自宅用…パジャマなど・外出用…スーツ、私服...

≫続きを読む

 

食器の適正量の決め方

食器を眺めてみると、よく使う食器とそうでない食器があると思います。買ってから一度しか使っていない食器や、年に1度も使わない食器もあるかもしれません。逆にほぼ毎日使う食器もあると思います。食器がたくさんあるにも関わらず、毎日同じ食器を使っている家庭も多いようです。食器は貰い物で頂くことも多く、また割れ...

≫続きを読む

 

小物・雑貨の適正量の決め方

一番モノが増えて、しかも増えていることに気づかないモノとして小物・雑貨があります。小物・雑貨は、おしゃれなアンティークだけでなく例えばスーパーのレジ袋なども入ります。キッチンの引き出しを開けると山のように出てきたりするご家庭もあります。確かに便利なのでつい保存してしまうのですが、このような小物こそし...

≫続きを読む

 

書類の適正量の決め方

整理整頓のコツはビジネスでも応用出来るビジネス面でも整理収納する能力が重要視されてきています。整理整頓のコツはビジネスでも応用できます。ビジネス本でも整理収納関係の本が多数出版されるようになりました。ただあまり現場で反映されていないようにも思われます。ビジネスでは生産することに時間をかけるべきですが...

≫続きを読む

 

モノをグループ化し、使用頻度順に並べ替える

グループ化とは、1つの用事で使うモノは、1つのグループとしてまとめることです。次に使用頻度順に並べることで、良く使うモノとそうでないモノを把握します。良く使うモノは、出来るだけ使いやすい場所へ配置し、そうでないモノは、多少使いにくい場所でも問題ありません。(adsbygoogle = window....

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ はじめに 整理 収納 整理収納を維持する サイトマップ