整理整頓のコツを基礎から学ぶ片づけ不要の部屋作り

整理整頓のコツを基礎から学ぶ片づけ不要の部屋作り

整理整頓のコツは3つだけ

整理整頓のコツはたった3つだけ。
「出す」「分ける」「しまう」の3ステップになります。

 

整理整頓 コツ,整理収納アドバイザー,押入れ収納,部屋 片付け 収納,整理整頓術,部屋の片づけ

 

 

 

 

 

 

 

出す

整理整頓 コツ,整理収納アドバイザー,押入れ収納,部屋 片付け 収納,整理整頓術,部屋の片づけ

整理整頓をする時は、整理整頓を行う場所のモノをすべて出すようにします。
出来れば今自分が持っているモノをすべて眺めれるようにすれば良いのですが、
モノを出すスペースも限られているため、少なくとも整理収納を行う場所だけでも
すべてのモノを出すようにしてください。

 

整理編で詳しく説明していますが、収納する際に必要なモノを収納するようにします。
必要なモノを見極めるためには、自分が今持っているモノを知るところから始めます。

 

分ける

整理整頓 コツ,整理収納アドバイザー,押入れ収納,部屋 片付け 収納,整理整頓術,部屋の片づけ

この「分ける」ステップは、整理収納のうち「整理」に当たります。
整理とは、必要・不必要の区別を行い、不要なモノを取り除くことを指します。

 

しまう

整理整頓 コツ,整理収納アドバイザー,押入れ収納,部屋 片付け 収納,整理整頓術,部屋の片づけ

「しまう」ステップは、整理収納のうち「収納」の部分になります。
収納するとは、最も使いやすい場所へ配置することを指します。

 

片付けとは

モノを使ったあと、元の位置に戻すことを片付けと言います。
モノに定位置を確保することで、片付けが非常に楽になります。

 

 

整理整頓の3ステップ

整理整頓のコツである、
「出す」→「分ける」→「しまう」の3ステップをもう少し詳しくすると、

 

  1. 【出す】整理収納をする場所にあるモノを出す。
  2. 【整理】収納されていたモノを必要・不必要なモノに分け、不要なモノは取り除く。
  3. 【収納】必要なモノを最も使いやすい場所へ収納し、そこを定位置とする。

 

モノの定位置が確保されていると、使用した後片付けがしやすい。
そのため散らかりにくい部屋になり、掃除も今より効率よくすることが出来ます。

使っているモノ、使っていないモノに分ける

 

関連ページ

整理収納が出来ない3つのデメリットとは
整理整頓のコツを基礎から学びます。本当に必要なモノに囲まれた快適な生活を実現します。整理整頓の基礎的な考え方を身につけることで、どんな場所でも整理整頓ができるようになり、自ら新しいオリジナルの収納方法を編み出すこともできます。さらに整理整頓の基礎は、モノだけでなく情報の整理にも使うことができます。
整理収納はこうすると失敗する
整理整頓のコツを基礎から学びます。本当に必要なモノに囲まれた快適な生活を実現します。整理整頓の基礎的な考え方を身につけることで、どんな場所でも整理整頓ができるようになり、自ら新しいオリジナルの収納方法を編み出すこともできます。さらに整理整頓の基礎は、モノだけでなく情報の整理にも使うことができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ はじめに 整理 収納 整理収納を維持する サイトマップ